サクソバンク口座開設完了!VNQとVNQIについて解説します

f:id:u-n-yo:20200804204526j:image

 

どうも、アイクです😆

 

先日、念願のサクソバンク口座開設が完了しました😄

 

サクソバンクはデンマークに本部を持つ証券会社で、SBIや楽天、そして各地方の証券会社など日本の証券会社では取り扱っていない魅力的な金融商品を多数扱っています🤔

 

今回ご紹介するVNQとVNQIもそれに該当します。

 

それではご覧ください👍

 

VNQ,VNQIで世界中の不動産に分散投資できる

先ずは、VNQとVNQIが何かを説明します🧐

 

この2つはREIT(不動産投資信託)と呼ばれる金融商品で、VNQは米国の不動産にVNQIは米国以外の不動産に投資するETFとなっています。

 

私達個人投資家が大家としてアパート経営をする場合、多額の初期投資や分散投資しづらい事などがデメリットとして考えられます。

 

しかし、REITは投資信託なので既に十二分に分散が効いています🤔

 

VNQで米国に、VNQIで米国以外の不動産に投資するということは、この2つを持つことで世界中の不動産のオーナーになれると言っても過言ではありません💪

 

世界の人口は2050年ころまでは増え続けると言われており、不動産市場はまだまだ延びると考えられます💰

 

また、最低取得単価も高くてVNQの80ドル程度ですので無理なく積み立てる事が出来ます。

 

最大の売りは圧倒的に安いコスト

SBI証券が扱うVNQIに相当するETFとしてはSPDRが有名どころです。

 

どちらも非常に優秀なETFなのですが、手数料がSPDRは0.59%であるのに対し、VNQIは0.12%と約1/5となっています💰

 

ただ、SPDRは配当利回りが10%前後、VNQIは5%程と約2倍の差があります🤔

 

どちらも価格は40〜50ドルで、米国以外の不動産に投資しているのに随分と配当利回りが違いますね🧐

 

しかし、配当金は適宜変動するものです。

コロナの影響でどちらもこれから配当金は下がってくるのではと考えています💦

 

そうなると、手数料の差がじわじわとボディブローのように効いてくるため、超長期的にはVNQIの方が投資妙味があるように感じてしまいます😄

 

コロナ第2波を意識して少しずつ積み立てる

f:id:u-n-yo:20200805052057j:image

こちらはVNQIの過去10年に渡る値動きを示しています🤔

 

コロナショックで一度はリーマンショック辺りの水準まで落ち込みましたが今は持ち直し気味ですね😄

 

しかし、コロナの第2波が来た時や企業の倒産ラッシュが発生した場合はもう一段暴落する危険があります😭

 

今安値であることは間違いないのですが、一気に投資するのではなく、時間分散しつつ投資する方が安全と言えるでしょう👍

 

株式や債権にREITを組み合わせて不況に強いポートフォリオを作ろう

我々人間が生きるためには住む場所や買い物をする場所は絶対に必要です。

 

実際、リーマンショックや今回のコロナショックでも、殆どの場合で家賃はいつもどおり振り込まれているようですし、特別値下がりしたという話は聞きません😄

 

したがって、株式や債権のポートフォリオにに上手くREITを混ぜる事で、全体の値動きを安定させ、更には不況時にも安定して配当金を得ることが出来ると考えられます🧐

 

というわけで、VNQIとVNQは私アイクの脳死積み立てポートフォリオに組み入れることにしました😄

 

皆さん参考になれば幸いです👍

それでは皆で脱ラットレースを目指して頑張りましょう\(^o^)/

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。