貧乏人が貧乏である理由

どうも、アイクです😆

 

世の中には、リッチマインドと貧乏マインドの2通りの人がいます。

 

前者は現在お金持ちではないかもしれませんが、着実に資産を形成して将来的に望んだ未来を手にする人達です。

 

対して後者は、仮に現在お金持ちでもお金の扱い方が分からず、無駄遣いしたり騙されたりして結局はお金が残らない人達です。

 

最近、私の友人にザ・貧乏マインドな人を発見したのでご紹介します。

 

利息26%で私から借金した友人

私が前職で世話を焼いていた後輩(既に退職済み)から数年ぶりにラインで連絡がありました。

 

「金貸してください💦」

 

遊ぶ金欲しさなら即断るところですが、一応用途を確認すると、借金の返済に3万円ほど足りないそうです。

 

昔世話した間柄ですし、今回だけのつもりで貸してあげました。

 

私が貸したのは3万円から振込手数料330円を除いた29,670円です。

 

手数料が勿体ないから一括で返せよといったのですが、彼は生活が苦しいらしく1万円ずつ返済すると言って聞きません。

 

今のところ2万円まで返ってきましたが、そこでふと彼は実質的に返済のためにいくら使ったのか計算してみました。

 

彼が私の口座に振り込むためには一回550円の振込手数料が掛かるそうです😱

 

それを、3ヶ月行う訳ですから合計で1650円余計に支払う事になります。

 

つまり、彼は29,670円を借りて31,650円支払った訳です。

 

これを年利に直すと、実に26.69%という暴利となっていました💦

 

いや、私は貸したぶんしか貰ってませんからね😅

金利0%ですからね!!

 

貧乏マインド=マネーリテラシーがない人

日本人には昔から清貧という考え方が根付いています。

 

清貧=無理に富を求めようとはせず、行いが清らかで貧しい生活に安んじていることとなっていますが、現代人は貧しい生活に安んじているというより自分に資産が無い言い訳に使っているように感じます。

 

そして、このような思想がお金持ちを蔑んだり、資産運用は悪であるという風潮につながっています。

 

お金が無いよ〜

お金の増やし方貯め方が分からない

勉強する暇がない(勉強なんてしたくない)

貧しい事は悪い事じゃない!!

お金持ちは何か悪い事をしてるんだから私達にノーリスクで還元しろ!!

 

大体こんな感じではないでしょうか🤔

 

彼らと私達の違いはズバリ、マネーリテラシーの有無です。

 

実際に自分でお金を運用してみれば、資産運用が危険な事(強制ロスカットによる借金等)はそう起こらないと気付くはずです。

 

しかし、彼らは何ら行動に移さないため資産運用についての知識(印象)は、30年前のバブル崩壊時代から止まったままなのです。

 

そうして、お金の事を勉強したり語ったりする事そのものを品がないとかイヤらしいとか言っている間にお金との付き合い方が分からない貧乏マインドになってしまったのです。

 

貧乏マインドは自分の為ではなくリッチマインドのために働く

3万円を返済し終えた時、私がお金を貸した友人は±0になって仕切り直しだと思うかもしれません。

 

もしかしたら彼は3万円返したそのすぐ後でまた3万円を要求するかもしれません。

 

確かに私と彼の間では±0になっていますが、彼の行為は銀行の経営者というリッチマインドの持ち主にお金を渡しているにほかなりません。

 

銀行からすれば、なんの経営努力もなく勝手にお金を落としてくれるのですから、こんなに割のいい客もないでしょう。

 

利益率∞です(笑)

 

貧乏マインドの方はこうやって色んなところで手数料という形で資産を毟りとられているのです。

 

私も本気で資産形成に着手してまだ一年程しか経っていませんが、26%の金利を背負っていて資産形成等出来るわけがないことは容易に想像がつきます。

 

せめて闇金に手を出していない事を祈るばかりです。

 

マインドの転換は容易ではないが本気でやればすぐに出来る

現時点で貧乏マインドの人は一生リッチマインドにはなれないのでしょうか😱

 

そんな事はありません。

 

今の時代、少し頑張れば優良な情報を無料で手にする事ができます(もちろんこのブログもね笑)

 

私も一年前は資産0円で自分の支出も管理できない貧乏マインドでしたが、一年で自分の支出を完全に把握し、給与の50%を貯蓄出来るようになりました。

 

自分が貧乏マインドだと感じている人、お金持ちになりたい人はこのブログで一緒に勉強していきましょう。

 

取り敢えず友人には次からは銀行のフリーローンでも使うようにアドバイスしようと思います😅

 

それでは皆で脱ラットレースを目指して頑張りましょう\(^o^)/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。